ページ

2018/06/26

スカイ・トラベラー「プレミア版」か「クラシック版」どちらがよりお得?

スカイトラベラー・カードの プレミア版クラシック版 の年会費の差で、どちらにしようか迷っている場合は、1年目は「プレミア版」がお得です。

1年目は「プレミア版」がお得


なぜ、“1年目は” という表現かというと、2年目からは年会費の安い「クラシック版」へ乗り換える 事も可能だからです。

ではなぜ、とりあえず 1年目はプレミア版に入会するのかというと、それは入会時にもらえる ボーナスポイントの差


プレミア版とクラシック版では、その差は 7,000マイル

より多くのマイルをもらうには、プレミア版の方が お得 です。

比較の表はこちら

クラシック版 プレミア版
1年目にもらえるボーナスポイント 8,000マイル 15,000マイル


2年目は、ダウングレードという方法もあり


プレミア版の年会費が気になる場合は、2年目以降は安い設定のクラシック版に変更をする事も出来ます。

プレミア版からクラシック版へ変更する場合は、アメリカン・エキスプレスの コールセンターに電話 し、クラシック版の「スカイ・トラベラー・カード」に変更したい旨を伝えるだけです。

2年目から変更が可能 だという事を考慮すると、入会時のボーナスポイントが多い方を1年目に申し込んでおいたほうがお得だという事は一目瞭然です。

なぜなら、2年目にクラシック版からプレミア版へアップグレードしても、入会時にはクラシック版の
ボーナスポイント(8,000マイル)しか 貰えなかったからです。

※それでも、8,000マイルも貰えるのですから、相当お得なのですが。

とりあえず、プレミア版を申し込んでみる


これが、大量のボーナスポイントを狙う秘訣です。

1年目の入会時には、ボーナスポイントを重視し、2年後の更新前にもう一度考えてみて、ダウングレードするなり、どうしても年会費を支払いたくない場合は、解約をすることも出来ますからね。

解約も簡単です。

カードの裏に記載してある、アメリカン・エキスプレスのコールセンターに電話するだけです。

ポイントは引き継ぎ可能


クラシック版へダウングレードした場合、貯めたポイントはどうなるのか心配な方もいるかと思います。

しかし、心配はいりません。

プレミア版のポイントは、変更後もクラシック版に引き継ぐことが可能です。

プレミア版のポイント5倍は、やはり凄い


スカイ・トラベラー・プレミア・カードの、100円毎に5マイル貯まる(5%)というポイント付与率は、他のマイル系クレジットカードと比べても、ケタ違いのボーナスポイントなのです。

一般的なマイル系クレジットカードの比較表

カード名 マイル付与率
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード 1.5%
MileagePlus セゾンカード/ゴールド/プラチナ 1.5%
ANA一般カード 2%
ANAワイドゴールドカード 2%
JALカード 普通カード 2%
JAL CLUB-Aゴールドカード 2%
ANAダイナースカード 2%
JALダイナースカード 2%
スカイ・トラベラー・カード 3%
ANA JCBカード プレミアム 3.3%
JAL・JCBカード プラチナ 4%
スカイ・トラベラー・プレミア・カード 5%


この様に比べてみるとよく分かりますが、本家の JAL が発行している JAL に特化した(JALのマイルしか貯まらない)カードでさえも、 2%(100円の支払いで2マイル)しか 貯まらない のです。

また、JALやANAが発行している高額な年会費のカード(ゴールド、プレミアム、プラチナなどの名前が入ったクレジットカード)でさえも、2% ~ 4%止まり

これらマイルの付与率を比較して分かるように、スカイトラベラーは、マイルを貯めるのに特化したカードだという事が分かります。

しかも、航空会社1社にこだわらず、15社 も貯められるのですから使い勝手の良さはバツグンです。


今月手元にお金が無くても、大丈夫


年会費は基本的に、2か月後 の支払いです。

私がカードに入会したのは1月で、翌月2月分の請求に年会費が合算されていました。

そして、3月10日に銀行から自動引き落としが行われました。

旅行予定の方は早急に


特に、これから今年のクルーズ旅行の支払いがある方は、さっそく申込みの手続きだけでも進めておくことをお奨めします。

上で説明したように、年会費の支払いも今すぐではありませんし、カード発行やカードが手元に届くまでにも時間がかかります。

アメックスの審査に数週間かかる場合もありますので、旅費の支払いの他、普段の買い物などでポイントをすぐに貯める為には、何よりも早めに カードが手元に届くようにするのが先決。

とりあえず、申込ページに進んで申し込んでみる事をお勧めします。


また、今後クルーズを予定しているけれど、未だどの旅行会社にするか決めていない方は、ぜひ「日本旅行のクルーズ」に目を通してみてください。

なぜなら、日本旅行は スカイトラベラー・プレミア の ポイントが5倍 つくので、クルーズ料金を支払うとびっくりするほどマイルが貯まります。




例えば、日本旅行でクルーズを検索してみると、以下のようなツアーが見つかりました。

ノルウェージャン・クルーズラインのノルウェージャン・スターで行く、
【成田発】 日本語コーディネーター乗船 ギリシャ・クロアチアの美しき寄港地と魅惑のベニスをめぐる アドリア海&エーゲ海クルーズ 11日 バルコニー海側

料金は、2018年9月8日からのツアーで、607,900円です。


このクルーズツアーを、スカイトラベラー・プレミアで支払った場合、なんと 30,395マイル を得る事が出来ます。

これは、オーストラリアハワイ までの片道エコノミークラスを 無料 で乗ることが出来るほどのマイル数です。

たった1回のクルーズ旅行でこれだけのマイルが貯まるのですから、普段の買い物での出費などを合算させると1年間で 相当のマイル が貯まると想像がつきますね。




カードの年会費は、旅費の一部として考える


いくつかの旅行会社のクルーズ旅行を比較してみると、3~5万円の違いは結構見かけます。

特に、クルーズの場合は、客室の種類(バルコニー付きや、内側に面した窓のない部屋や、スイートルームなど)が様々なので、その金額の差を考えると、クレジットカードの年会費は旅費としては高くないと思います。

むしろ、将来の旅行への投資 と考えた場合、無駄のない年会費 だと私は考えています。


もしも皆さんが、スカイトラベラー・カードの年会費の差で、プレミア版 か クラシック版 のどちらにしようか迷っている場合は、

今年のカード年会費は、次回のクルーズ旅行の旅費の一部としてとらえ、今年は プレミア版 に入会。

来年 、旅行に行く予定がない場合は、クラシック版へダウングレード

という考え方が良いと思います。


スカイ・トラベラーの申し込みは「ハピタス」経由がお得です

スカイ・トラベラー・プレミア・カード 公式サイト

関連記事

人気記事



注目記事

クルーズへ行くなら、いつがおすすめ?エリア別のベストシーズン・ガイド

クルーズ旅行を計画し始める際、まずは行き先のベストシーズンを確認したいものです。 ベストシーズン  とは、 エリア毎の一番良い季節  をさしますが、その時期は目的により好みが分かれます。 例えば、アラスカクルーズの場合: 寄港地での観光を楽しめるのは夏ですが、オー...