ページ

2018/03/11

ドバイ・アブダビ での 日帰り観光(トランジット)お勧め観光地

今年は ポイ活 で貯めたマイルを使い、無料の特典航空券で日本への一時帰国を計画してします。

さらに今回の旅ではアメリカン航空のマイルを使いきる事を目的に、イギリスから日本への単純な直行便ではなく、途中で ドバイ と アブダビ を経由する方法にしました。

中東経由は、ヨーロッパクルーズにも最適

ドバイやアブダビ経由でヨーロッパ各国へ行くことの出来る航空会社は、エミレーツ航空、エティハド航空、カタール航空などがあります。

中東経由でヨーロッパへ行く航空券はお手頃なものが多く、地中海クルーズアドリア海クルーズ などを計画している方は、これら中東の航空会社を利用するのもおすすめです。


ちなみに、私は飛行機の利用は「単なる移動手段」と割り切っている為、航空券を購入する時はエコノミークラスというのが大前提の考えかたです。

でも今回は、ポイ活 でのマイルが貯まっているという事もあり、マイル消費の為に数か所の区間だけはビジネスクラスを利用する事にしました。

そして、今回わたしが利用する航路はこちら

 ロンドン ~ ドバイ (ブリティッシュエアウェイズの エコノミークラス)
 アブダビ ~ 北京 (エティハド航空の ビジネスクラス)
• 北京 ~ 成田 (JALの ビジネスクラス)
 羽田 ~ ロンドン (ブリティッシュエアウェイズの エコノミークラス)


私はこれまでに何度か無料の特典航空券でビジネスクラスを利用しているのですが、中東~日本の便は初めてです。

(ちなみに過去のビジネスクラス利用は、JALでローマまで、ブリティッシュエアウェイズでロンドンまで、フィンエアーでヘルシンキまで など、全てマイルを貯めての旅行です。)


「せっかく無料で旅が出来るのだから」

という事で、今回の旅では 機内食やキャビンアテンダントのサービスの評判がとても良い エティハド航空を利用する事にしました。

そして今回はせっかくの機会ですので、ドバイとアブダビで丸一日の観光が出来るように少し長めの乗り換え時間を設定しています。


この記事では、ドバイで1日観光する時に人気の観光地などをまとめてみました。

ヨーロッパクルーズなどで中東経由をする際は、ぜひ参考にしてみてください。

ドバイで人気の行き先ランキング


1位: ドバイ・ファウンテン (Dubai Fountains) 噴水



噴水ショーのスケジュール

昼(金曜以外) 
1:00pm と 1:30pm

昼(金曜) 
1:30pm と 2:00pm

夜のショー(毎日)
6:00pm ~ 11:00pm (30分おき)



噴水の周りには、ショッピングモール(ドバイ・モール)や公園があり、レストランも多くあるのでランチやディナーを楽しみながら、噴水ショーを眺める事が出来ます。

真夏以外の涼しい季節であれば、噴水の池に架かる橋を渡りながら公園を散策するのも楽しい。

2位: ブルジュ・ハリファ (Burj Khalifa) 展望台



午後以降はとても混むので、朝の9時前に行くのがおすすめ。

午前の早い時間であれば当日券でも入場できる可能性が高い。

夕方の展望台からの景色は特に最高で、混みあう事を覚悟で入場する価値はあり。

3位: ドバイ・モール (The Dubai Mall) ショッピングモール


Photo by Cycling Man

ショッピングモール内には有料の水族館があるが、その大水槽をショッピングモール側からでも無料で眺める事が出来るのでお勧め。

モール内は無料Wi-Fiが利用可能。

(使用する端末のWi-Fi設定から名前、メールアドレス、日本の携帯番号などを入力し送信するとパスワードが送られ、無料で制限なく接続出来る)

4位: ブルジュ・アル・アラブ (Burj Al Arab) 建築物


Photo by mattharvey1

ドバイの有名な7つ星ホテルで、宿泊者かレストラン・カフェの利用者しか入館が許されていない。

レストランの朝食やカフェを予約していると比較的低料金で中に入ることが出来る。

5位: アクアベンチャー・ウォーターパーク (Aquaventure Waterpark) アミューズメント パーク


ホテル・アトランティスザパームに宿泊の場合は、無料で入場出来る。

子供が楽しめる場所が少ないドバイにおいて、このアミューズメント施設は子供が居る家族にはとくに人気の場所。

もちろん、大人も楽しめます。

6位: ドバイ アクアリウム & アンダーウォーター ズー (Dubai Aquarium & Underwater Zoo) 動物園、水族館


Photo by Mathias Apitz

ドバイ・モール (ショッピングモール)  の中にある水族館で、沖縄の美ら海水族館より大きな水槽がある。

ショッピングや食事の合間に行ける立地も便利で、観光などで歩き疲れた時にひと休み為に入場する事もおすすめ。


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


他にも、人気の現地ツアーなどが盛りだくさん


こちらは私が参加しようか検討している現地ツアー

海から見る感動のドバイ!イエローボートツアー



波をジャンプしながらモーターボートで沖まで出て、絶景スポットで止まり写真を撮ってくれるのが嬉しいですね。

地平線から昇る朝日&絶景の砂漠に感動!熱気球ツアー



砂漠の中を気球に乗りながら朝日が見られるなんて、日本では経験できないでしょう。朝食または夕飯がセットになっているのもポイントが高い。

【ドバイ発アブダビ観光ツアー】グランド・モスクもたっぷり見学!<日本語 or 英語/終日/往復送迎付>



アブダビにある世界最大級のモスク「シェイク・ザイード・グランド・モスク」へ行くことが出来るツアー。
ドバイ出発で、日本語ガイド付きなので安心です。


ちなみにこのページでは、モスクに入場するときの服装制限について分かり易く書かれていて、とても参考になりました。

モスク入場時の服装制限についてのページ

まとめ

特にヨーロッパの各都市から出発する 地中海クルーズ、アドリア海やエーゲ海クルーズには、ドバイやアブダビ経由の飛行機が安くておすすめです。

ドバイでの乗り換えの際には、せっかくですのでぜひ一日観光などしてみては如何でしょうか?


中東経由などヨーロッパ行きの航空券は、HISの海外格安航空券比較サイト Surprice (サプライス) が
便利です。

格安航空券の比較はこちらから

関連記事

人気記事



2018/03/06

南カリブ海クルーズ・寄港地ベスト5 (2018年版)

cruise critic と トリップアドバイザーによる2017年のレビューをランキング形式でまとめてみました。

南カリブ海クルーズを計画中の方や、次回のクルーズをどこにしようか考え中の方など、今後の旅の参考にしてみて下さい。

なお、記事の最後には参照元のリンクを貼っておきましたので、更に詳しいレビューなどはそちらをご覧ください。


1位: Curacao(キュラソー)


Photo by Nelo Hotsuma

レビュー:

クルーズで一番お気に入りだった寄港地。オランダ植民地時代の魅力的な建築があり、ショッピングも出来て観光で有名なダウンタウンも港から近くて便利。

キュラソーで人気の行き先は:

1位: ウィレムスタッド (Willemstad)
2位: ウィリブロドゥス (Sint Willibrordus)
3位: サバナ ウェストプント (Sabana Westpunt)
4位: ドープ セント・マイケル (Dorp Sint Michiel)


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


例えばこんなクルーズが キュラソー に寄港します。


その1:

ロイヤルカリビアンのフリーダム・オブ・ザ・シーズ号で行く 南カリブ海クルーズ 7泊8日 - サン・ファン発着(プエルトリコ)
<主要な寄港地>
サンファン / ウィレムスタード(キュラソー) / オランヘスタード /バセテール / シャーロットアマリー / セントトーマス島



その2:

セレブリティ・クルーズのセレブリティ・イクノス号で行く 南カリブ海クルーズ 10泊11日 - マイアミ発着(アメリカ)

<主要な寄港地>
マイアミ / ジョージタウン / オランヘスタード / ウィレムスタード(キュラソー) / クラレンダイク / キーウェスト


2位:Bonaire(ボネール)


Photo by dronepicr

レビュー:

清潔で安全で素敵な人々が多い。小さな港で買い物にも便利。とても気に入ったので、次回のクルーズでもまた行きたい場所です。

ボネールで人気の行き先は:

1位: クラレンディーク (Kralendijk)


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


例えばこんなクルーズが ボネール に寄港します。


その1:

プリンセスクルーズのカリビアン・プリンセス号で行く 南カリブ海メドレー 10泊11日 - フォート・ローダデール(アメリカ)発着

<主要な寄港地>
ナッソー / シャーロットアマリー / セントトーマス島 / ドミニカ島 / クラレンダイク(ボネール) / キュラソー



その2:

ノルウェージャン・クルーズのノルウェージャンジェイド号で行く カリブ海クルーズ 10泊11日 - マイアミ発着(アメリカ)

 <主要な寄港地>
マイアミ / ジョージタウン / ファルマス / オランヘスタード / ウィレムスタード /  クラレンダイク(ボネール)


3位: Barbados(バルバドス)


Photo by Neil Gibbs

レビュー:

ビーチが最高!カーライル湾(Carlisle Bay)のハーバーライツ(Harbor Lights)は素晴らしかったです。シュノーケルで海亀を見たり、ボートで沖に出るツアーが特にお勧めです。

バルバドスで人気の行き先は:

1位: ブリッジタウン (サン ミシェル) (Bridgetown_ Saint Michael Parish)
2位: ホールタウン (セント ジェームス) (Holetown_ Saint James Parish)
3位: ペインズ・ベイ (セント ジェームス) (Paynes Bay_ Saint James Parish)
4位: スペーツタウン (セント ピーター) (Speightstown_ Saint Peter Parish)
5位: マリンズ (セント ピーター) (Mullins_ Saint Peter Parish)
6位: セント・ローレンス・ギャップ (クライストチャーチ) (St. Lawrence Gap_ Christ Church Parish)


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


例えばこんなクルーズが バルバドス に寄港します。


その1:

MSCファンタジア号で行く カリブ海クルーズ 7泊8日 - フォール・ド・フランス発着(フランス)

<主要な寄港地>
フォール=ド=フランス / ポワンタピートル / バセテール / ブリッジタウン(バルバドス) / ポートオブスペイン / セント・ジョージズ / カストリーズ



その2:

セレブリティ・クルーズのセレブリティ・サミット号で行く 南カリブ海クルーズ 7泊8日 - サン・ファン発着(プエルトリコ)

<主要な寄港地>
サンファン / セントクロイ / フィリップスバーグ / ロゾー / ブリッジタウン(バルバドス) / セント・ジョージズ


4位: Aruba(アルバ)


Photo by Karl Stanton

レビュー:

素晴らしいビーチで、ため息が出るほどきれいで澄んだ水。とっても美しい島です。

アルバで人気の行き先は:

1位: オラニエスタッド (Oranjestad)
2位: パーム / イーグル ビーチ (Palm / Eagle Beach)
3位: ノールト (Noord)
4位: マルモック ビーチ (Malmok Beach)
5位: サヴァネータ (Savaneta)
6位: サン ニコラス (San Nicolas)


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


例えばこんなクルーズが アルバ に寄港します。


その1:

ロイヤルカリビアンのアドベンチャー・オブ・ザ・シーズ号で行く 南カリブ海クルーズ 7泊8日 - サン・ファン発着(プエルトリコ)

<主要な寄港地>
サンファン / シャーロットアマリー / セントトーマス島 / バセテール / ウィレムスタード / オランヘスタード(アルバ)



その2:

カーニバルクルーズのカーニバルサンシャイン号で行く カリブ海クルーズ 8泊9日 - ポートカナベラル発着(アメリカ)

<主要な寄港地>
ポートカナベラル / アルバ / グランドターク


5位: Grenada(グレナダ)


Photo by Ian Mackenzie

レビュー:

とても素敵な島で、ダウンタウン周辺を歩くのも楽しめました。

グレナダで人気の行き先は:

1位: セントジョージズ (St. George’s_ Saint George Parish)
2位: グランド アンス (サウス コースト - セントジョージ) (Grand Anse_ South Coast_ Saint George Parish)
3位: カリアク島 (Carriacou Island)
4位: ランス・オークス・エパインズ (セントジョージ) (Lance aux Epines_ Saint George Parish)
5位: ヒルズバラ (カリアク島) (Hillsborough_ Carriacou Island)


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


例えばこんなクルーズが グレナダ に寄港します。


その1:

オーシャニア・クルーズのオーシャニア レガッタ号で行く 南カリブ海の夢 大西洋クルーズ 14泊15日 - マイアミ発着

<主要な寄港地>
マイアミ / グランドバハマ / サンタマルタ / オランヘスタード / クラレンダイク / セント・ジョージズ(グレナダ) / ブリッジタウン / ロゾー / セントジョンズ



その2:

ノルウェージャン・クルーズのノルウェージャンドーン号で行く カリブ海クルーズ 11泊12日 – サン・ファン発着(プエルトリコ)

<主要な寄港地>
サンファン / オランヘスタード / ウィレムスタード / クラレンダイク / セント・ジョージズ(グレナダ) / ブリッジタウン / フィリップスバーグ / トルトラ


参照元:


・ 寄港地ランキング: cruise critic(英語版サイト)
www.cruisecritic.com/memberreviews/destination-awards


各地の「人気の行き先」ランキング: トリップアドバイザー(日本語への機械翻訳あり)

以下のリンク先は、「カリブ諸島の旅行ガイド」のページに設定してあります。
口コミやレビューを確認したり、寄港地での現地ツアーなども検索できます。



南カリブ海クルーズの検索: ベストワンクルーズ

リンク先は、カリブ海・バハマのページに設定してあります。

サイトが開いた後はページ下へ進み、「こだわり検索」の中にある「寄港地」の欄から、キュラソー、ボネール、バルバドスなどお好みの寄港地を選択してください。

そのあと、「検索」ボタンを押すと今回紹介した人気寄港地のクルーズなどを見つける事が出来ます。

カリブ海クルーズの検索ページはこちら

※ページを開く時にクルーズを検索している為、開くまでに時間がかかる場合があります。

関連記事

人気記事



注目記事

クルーズへ行くなら、いつがおすすめ?エリア別のベストシーズン・ガイド

クルーズ旅行を計画し始める際、まずは行き先のベストシーズンを確認したいものです。 ベストシーズン  とは、 エリア毎の一番良い季節  をさしますが、その時期は目的により好みが分かれます。 例えば、アラスカクルーズの場合: 寄港地での観光を楽しめるのは夏ですが、オー...