ページ

2018/02/11

アジア&南太平洋クルーズ・寄港地ベスト5 (2018年版)

cruise critic と トリップアドバイザーによる2017年のレビューをランキング形式でまとめてみました。

アジアや南太平洋へのクルーズを計画中の方や、次回のクルーズをどこにしようか考え中の方など、今後の旅の参考にしてみて下さい。

なお、記事の最後には参照元のリンクを貼っておきましたので、更に詳しいレビューなどはそちらをご覧ください。


1位: Singapore(シンガポール)


Photo by Les Haines

レビュー:

素晴らしい都市なので、ぜひ訪れてみて下さい!ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの照明が素晴らしいので、ぜひ夜に行くのも忘れずに。

シンガポールで人気の行き先は:

1位: ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ (Gardens by the Bay)
2位: シンガポール国立蘭園 (National Orchid Garden)
3位: シンガポール植物園 (Singapore Botanic Gardens)
4位: クラウド フォレスト (Cloud Forest)
5位: マリーナ ベイ (Marina Bay)
6位: シンガポール動物園 (Singapore Zoo)


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


例えばこんなクルーズが シンガポール に寄港します。


その1:

【ラグジュアリー客船】 シーボーンアンコール号で航く インドネシアクルーズ 10泊11日 - ベノア発シンガポール着

<主要な寄港地>
ベノア(バリ島) / コモド / スマラン / シンガポール



その2:

プリンセスクルーズのダイヤモンド・プリンセス号で行く マレー半島とインドネシアクルーズ 11泊12日 - シンガポール発着
<主要な寄港地>
シンガポール / ベノア(バリ島) / ポートクラン(クアラルンプール) / ペナン島 / プーケット


2位:Isle of Pines〔New Caledonia〕(パインズ島 / イルデパン)_ ニューカレドニア


Photo by Philippe AMIOT

レビュー:

いつ訪れても美しい場所で、スイミング、シュノーケリング、ショッピング、素敵な景色の中のバーなど、たくさんのアクティビティを楽しむことが出来ます。

パインズ島 / イルデパンで人気の行き先は:

1位: ピッシンヌ・ナチュレ (Piscine Naturelle)
2位: カヌメラ湾 (Kanumera Bay)
3位: ビーチ (Kuto Bay)
4位: 名所、観光スポット (Upi Bay)
5位: オルタンスの洞窟 (Grotte de Hortense)


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


例えばこんなクルーズが パインズ島 に寄港します。


その1:

セレブリティ・ソルスティス シドニーからニューカレドニア・バヌアツを巡る 南太平洋楽園クルーズ13日間

<主要な寄港地>
パインズ島 / ミステリー・アイランド / リフー島 / ロイヤリティ諸島 / ヌーメア



その2:

ロイヤルカリビアンのエクスプローラー・オブ・ザ・シーズ号で行く 南太平洋クルーズ 9泊10日 - シドニー発着

<主要な寄港地>
シドニー(オーストラリア) / パインズ島 / ミステリー・アイランド / ヌーメア / リフー島 / ロイヤリティ諸島


3位: Mystery Island(ミステリー島)


Photo by Jared Wiltshire

レビュー:

とても美しくて、ここは私たちの一番のお気に入りの場所でした。砂浜は綺麗で、シュノーケリングも楽しめ、マーケットも良かったし、地元の人々もフレンドリーでした。そこはまさに完璧な楽園の小さな島でした。

ミステリー島(バヌアツ)からの人気の行き先は:

1位: ポート ビラ (Port Vila_ Efate)
2位: ルーガンビル (Luganville_ Espiritu Santo)
3位: タンナ島 (Tanna Island)
4位: エスピリトゥ サント (Espiritu Santo)
5位: エファテ (Efate)


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


例えばこんなクルーズが ミステリー・アイランド に寄港します。


その1:

プリンセスクルーズのシー・プリンセス号で行く ニューカレドニアとバヌアツ 13泊14日 - シドニ―発着

<主要な寄港地>
マレ(ニューカレドニア) / ヌーメア / ミステリー・アイランド / シャンパンベイ / ルガンヴィル / リフー島 / ロイヤリティ諸島



その2:

ロイヤルカリビアンのオベーション・オブ・ザ・シーズ号で行く 南太平洋クルーズ 8泊9日 - シドニー発着(オーストラリア)

<主要な寄港地>
シドニー(オーストラリア) / リフー島 / ロイヤリティ諸島 / ミステリー・アイランド / ヌーメア


4位: Hong Kong(香港)


Photo by Brian H.Y

レビュー:

熱狂的で美味しい食べ物がいっぱい。私たちはStanleyの町とSai Kung GeoParkへ出かけ、自然を満喫することができました。

香港で人気の行き先は:

1位: スターフェリー (Star Ferry)
2位: 香港のスカイライン (Hong Kong Skyline)
3位: ビクトリア ピーク (太平山) (Victoria Peak /The Peak)
4位: 天壇大仏 (Tian Tan Buddha)
5位: 二階建て路面電車 (Hong Kong Tramways /Ding Ding)


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


例えばこんなクルーズが 香港 に寄港します。


その1:

プリンセス・クルーズ最大客船、マジェスティック・プリンセス号で行く アジア5カ国周遊クルーズ17日間 - 関空発着

<主要な寄港地>
上海 / 博多(福岡) / 釜山 / 香港 / レムチャバン(バンコク) / シンガポール



その2:

ロイヤルカリビアンのオベーション・オブ・ザ・シーズ号で行く アジアクルーズ 9泊10日 - 香港発着(中国)

<主要な寄港地>
香港 / 博多(福岡) / 長崎 / 下関


5位: Bangkok〔Laem Chabang〕(バンコク)_ レムチャバン


Photo by Xiquinho Silva

レビュー:

街へのシャトルバスはとても快適で、いつ来てもこの街では楽しむことが多く飽きません。

バンコクで人気の行き先は:

1位: 涅槃寺 (ワット・ポー) (Temple of the Reclining Buddha/Wat Pho)
2位: バンコク スカイトレイン (BTS Skytrain)
3位: エメラルド寺院 (ワット・プラケーオ) (Temple of the Emerald Buddha/Wat Phra Kaew)
4位: 暁の寺 (ワット・アルン) (Temple of Dawn/Wat Arun)
5位: 黄金仏寺院 (ワット・トライミット) (Temple of the Golden Buddha/Wat Traimit)


上記の土地情報や口コミなどは、以下のリンクから見る事ができます。


例えばこんなクルーズが レムチャバン (バンコク) に寄港します。


その1:

オーシャニアノーティカ号で行く アジアクルーズ 15泊16日 - バンコク発上海着

<主要な寄港地>
レムチャバン(バンコク) / 上海



その2:

セレブリティ・ミレニアム号で行く アジアクルーズ 14泊15日 - シンガポール発(シンガポール) 香港着(中国)

<主要な寄港地>
シンガポール / レムチャバン(バンコク) / チャンメイ / ハロン湾 / 香港


参照元:


・ 寄港地ランキング: cruise critic(英語版サイト)
www.cruisecritic.com/memberreviews/destination-awards


各地の「人気の行き先」ランキング: トリップアドバイザー(日本語への機械翻訳あり)

以下のリンク先は、「アジア・南太平洋の旅行ガイド」の各ページに設定してあります。
口コミやレビューを確認したり、寄港地での現地ツアーなども検索できます。


南太平洋の情報・レビューなどはこちら


アジアと南太平洋クルーズの検索: ベストワンクルーズ

リンク先は、アジアと南太平洋の各ページに設定してあります。

サイトが開いた後はページ下へ進み、「こだわり検索」の中にある「寄港地」の欄から、シンガポール、香港(中国)、パインズ島(ニューカレドニア)など寄港地を選択してください。

そのあと、「検索」ボタンを押すと今回紹介した人気寄港地のクルーズなどを見つける事が出来ます。

アジアクルーズの検索ページはこちら

南太平洋・ニューカレドニア・フィジークルーズの検索ページはこちら

※ページを開く時にクルーズを検索している為、開くまでに時間がかかる場合があります。

関連記事

人気記事



注目記事

クルーズへ行くなら、いつがおすすめ?エリア別のベストシーズン・ガイド

クルーズ旅行を計画し始める際、まずは行き先のベストシーズンを確認したいものです。 ベストシーズン  とは、 エリア毎の一番良い季節  をさしますが、その時期は目的により好みが分かれます。 例えば、アラスカクルーズの場合: 寄港地での観光を楽しめるのは夏ですが、オー...