ページ

2016/09/15

船上で美味しい お寿司 を食べるなら このクルーズ会社 5選

朝から、パンケーキやソーセージ、スクランブルエッグなどなど、カロリー満点の朝食。
昼には、ピザやハンバーガーなどのファーストフード。
夜は、レストランで洋食のフルコース。

そんなクルーズ中の ハードな食生活 で胃を休ませるのには、日本食が一番。
お米を食べれば、旅の疲れから胃も心もリラックスできるはず。
たまには、味噌汁で ホッ と一息したいですね。


「海外旅行中の1週間くらい、お米を食べなくても平気!」
「旅行中は、現地の美味しい名物料理が食べたいッ」
なんて言う方も多いかも知れませんが、クルーズでお寿司を見つけたらぜひ試してみてください。
なぜなら、海外の “お寿司” は、日本の ソレ とはちょっと違ったものが多いから。
ですので、日本の味を期待すると 期待ハズレ になる恐れがあるので、その点は注意が必要。



最近では、多くのクルーズ船のビュッフェで巻き寿司を食べることが出来ます。
でも、新鮮な握り寿司や刺身、味噌汁などが食べられるのは、お寿司を専門に扱う 特別レストラン だけ。
今回は、中でも選りすぐりの美味しいお寿司が食べられるクルーズ船を5つご紹介します。
海外での変わったお寿司は土産話にもなる為、これらの船に乗る際には、ぜひお試しあれ。

英語の元記事はこちら
http://www.cruisecritic.com/articles.cfm?ID=1948

美味しいお寿司屋さんがある、クルーズ会社 5選

クリスタル・クルーズ / Crystal Cruises

船: Crystal Symphony と Crystal Serenity
食べられる場所: Silk Road, Sushi Bar

Silk Roadでは、ロブスターとゆずソースの一品や、ビーフ、タラ、海老が食べられる “Nobu Box” が人気。
Sushi Barでは、新鮮な寿司や刺身、yellow tail(アジの一種)、生鮭のキャビア添えなど、豪華な特別メニュー が食べられる。
これら両方のレストランは、ニューヨークやロンドンなど海外に多くの日本食レストランを展開する「ノブ」がプロデュースしてる為、味には定評がある。

ホーランド・アメリカライン / Holland America Line

船: Koningsdam, Nieuw Amsterdam, Eurodam
食べられる場所: Tamarind
Tamarindでは、高品質の 寿司刺身の盛り合わせ をはじめ、中国、東南アジアの本格的な味を楽しめる。
魚介、肉、野菜、スパイシー料理など、バラエティーも豊富。
夕食は、一人 $20 でセットが食べられる。

ロイヤル・カリビアン / Royal Caribbean International

船: Harmony of the Seas, Quantum of the Seas, Anthem of the Seas, Oasis of the Seas, Allure of the Seas, Voyager of the Seas, Navigator of the Seas, Explorer of the Seas, Brilliance of the Seas, Serenade of the Seas, Radiance of the Seas, Splendour of the Seas, Grandeur of the Seas, Vision of the Seas, Rhapsody of the Seas, Legend of the Seas, Majesty of the Seas
食べられる場所: Izumi

Izumiでは、少し変わった寿司と刺身をメインに食べることが出来る。

巻き寿司のセットや、重箱に入った弁当スタイルが人気で、それらは前菜とデザート付き。
刺身のメニューもあり、オリーブオイルで味付けされた カルパッチョ風 の刺身は、生魚に慣れていない欧米人にも食べやすい。
また、刺身を石焼で焼いた一品は、生魚が苦手な人にも人気。
枝豆と味噌汁は無料で、それ以外は料理ごとに値段が違う。
巻き寿司は、$9 ~ $12。


カーニバル・クルーズ・ライン / Carnival Cruise Line

船: Carnival Breeze, Carnival Legend, Carnival Pride, Carnival Sunshine, Carnival Vista
食べられる場所: Bonsai Sushi

カーニバルの寿司屋は、カジュアルで通いやすい。
ランチと夕食は夜遅くまで開いているので、小腹がすいた時にちょっと寄りたくなる。
料理ごとに値段が違うので、少しだけ味見することも出来るのがうれしい。

刺身の単品は $1.50で、船上での味を試してみるのにちょうど良い値段。

味噌汁、付け合せ、巻き寿司の盛り合わせ が $17
お箸が使えない欧米人用に、各テーブルにはフォークが用意されているのも微笑ましい。

ノルウェージャン・クルーズライン / Norwegian Cruise Line

船: Norwegian Escape, Norwegian Breakaway, Norwegian Getaway, Norwegian Epic
食べられる場所: Wasabi

こじんまりとした店内だが、日本の味を十分楽しむことが出来る。
メニューは、3種類の前菜に、寿司と刺身の盛り合わせなど、シンプルなラインナップ。
料理に苦手な食べ物がある場合なども、厨房で好みの味にしてくれるので気軽にリクエストをすることが出来る。
カスタムオーダーにも手馴れていて、相談しながら好みの組み合わせが出来るが嬉しい。

巻き寿司は、$3 ~ $4.75という、陸で食べるのと変わらない お手ごろ価格 で、財布にも優しい。

2016/09/11

クルーズ会社別 チップ について

今回は、私が気になっていた話題のひとつ、“ クルーズ旅行のチップ ” について調べてみました。

クルーズ船内で支払われるチップの 金額支払い方法 は、各船会社によって様々です。

クルーズ旅行では、船内での飲食や寄港地観光の費用は、事前に登録された クレジットカード から支払われます。
これらの登録は、乗船のチェックイン時に行われ、船内では基本的に現金を持ち歩かなくても良いシステムになっているのです。

昨今では、多くのクルーズ会社でのチップ制度は、各会社により定められた金額 × 宿泊数自動的オンボード・アカウント から支払われるというシステムが一般的です。

つまり、船内での飲食同様、チップも自動的にクレジットカードから支払われるという流れ。

このシステムは、チップ文化に慣れている欧米のお客さんからも賛否両論です。
チップとは、受けたサービスに対して支払うという考えですので、
均一 に決められた金額を 自動 で支払うのはおかしな事である」 
という意見が多いのにも納得できます。

今回は、そんな世界中の乗客からも賛否両論のチップ制度について、各クルーズ会社の会社規定をまとめてみました。

クルーズ選びの、ひとつの基準として参考になさってください。

今回参考にした、英語の元記事はこちら
http://www.cruisecritic.com/articles.cfm?ID=266

クルーズ会社別 チップ ガイド

カーニバル・クルーズ・ライン / Carnival Cruise Line

支払い方法:
一人当たり $12.95 x 日数分 が自動的にオンボード・アカウントから支払われる。

(スイートルームは、一人当たり $13.95 / 日)
2歳以下は不要。

その他の方法:
金額追加やチップ料の変更を申し入れる場合などは、ゲストサービス・デスクで支払うことも出来る。

追加料金:
船内の全てのバーでは、オーダーの15%が自動的にチップとして請求される。

セレブリティー・クルーズ / Celebrity Cruises

支払い方法:
一人当たり $13.50 x 日数分 が自動的にシーパス・アカウントから支払われる。
(Concierge Class と Aqua Classは、一人当たり $14 / 日)
(スイートルームは、$17 / 日)

その他の方法:
金額追加やチップ料の変更を申し入れる場合などは、ゲストサービス・デスクで支払うことも出来る。

追加料金:
船内の全てのバーでは、オーダーの18%が自動的にチップとして請求される。

コスタ・クルーズ / Costa Cruises

支払い方法:
行き先が、ヨーロッパ内、ドバイ、紅海、インド洋、カリブ海(出航地がアメリカ以外)の場合は、一人当たり 8ユーロ x 日数分。
行き先が、カリブ海(出航地がアメリカから)、アジアの場合は、一人当たり $11 / 日。
Costa Deliziosaでの、世界クルーズの場合は、一人当たり 7ユーロ / 日。
大西洋横断の場合は、一人当たり 8ユーロ / 日。

行き先が、南米と、春の大西洋横断では、一人当たり $11 / 日。
これらの料金は、自動的にオンボード・アカウントから支払われる。
4歳以下は不要。
4 ~ 14歳は、上記の50%の金額になる。

その他の方法:
なし

追加料金:
なし

クルーズ・アンド・マリタイムボイジャー / Cruise & Maritime Voyages

支払い方法:
一人当たり £5 x 日数分 が自動的にオンボード・アカウントから支払われる。
(16泊以上のクルーズは、一人当たり £4 / 日)

その他の方法:
金額追加やチップ料の変更を申し入れる場合などは、レセプション・デスクでクルーズの最終日に支払うことも出来る。

追加料金:
なし

キュナード・ライン / Cunard Line

支払い方法:
Britannia客室クラスの場合は、一人当たり $11.50 x 日数分 が自動的にシップボード・アカウントから支払われる。
Grill客室クラスの場合は、一人当たり $13.50 / 日。
チップは、大人と子供の両方に適用される。

その他の方法:
金額追加やチップ料の変更を申し入れる場合などは、パーサーズ・オフィスで支払うことも出来る。

追加料金:
船内の全てのバーでは、オーダーの15%が自動的にチップとして請求される。
カジノのディーラーやスパのスタッフは、これらのチップが割り当てられていない為、それらを利用した際は担当スタッフに直接チップを支払う。

ディズニー・クルーズ・ライン / Disney Cruise Line

支払い方法:
レストランの使用料として、一人当たり $4 x 日数分。
アシスタント料として、一人当たり $3 / 日。
ヘッド・サーバーとして、一人当たり $1 / 日。
客室スタッフへは、一人当たり $4 / 日。
上記の料金が、自動的にオンボード・アカウントから支払われるか、出航の3日前までに前払いをする。
チップは、大人と子供の両方に適用される。


その他の方法:
金額追加やチップ料の変更を申し入れる場合などは、パーサーズ・オフィスで支払うことも出来る。

追加料金:
船内の全てのバー、プールデッキやコーヒーバーでの飲み物、ソフトドリンクやワインなどは、オーダーの15%が自動的にチップとして請求される。
スパでのチップはそれらに含まれていない為、利用者の判断に任される。
ルームサービスには、$2~3 を受け取る際に支払う。

フレッド・オルセン・クルーズ / Fred. Olsen Cruise

支払い方法:
一人当たり £4 x 日数分 が自動的にオンボード・アカウントから支払われる。
これらは、客室スタッフとウェイターに対して支払われる。

その他の方法:
特定のスタッフに直接チップを支払う事も可能で、その為の封筒もレセプションで入手することが出来る。

追加料金:
なし

ホーランド・アメリカライン / Holland America Line

支払い方法:
一人当たり $12.50 x 日数分 が自動的にオンボード・アカウントから支払われる。
(スイートルームは、一人当たり $13.50 / 日)
チップは、大人と子供の両方に適用される。

その他の方法:
金額追加やチップ料の変更を申し入れる場合などは、フロント・デスクで支払うことも出来る。

追加料金:
船内の全てのバーやレストランでのワインなどは、オーダーの15%が自動的にチップとして請求される。

MSCクルーズ / MSC Cruises

支払い方法:
行き先が、カリブ海とそこから東方向の場合は、一人当たり $12 x 日数分(3歳からは、一人当たり $6 / 日)が、自動的にシップボード・アカウントから支払われる。
カリブ海から西行きクルーズは、 6ユーロ x 日数分。(14歳からは、一人当たり 3ユーロ / 日)


ヨーロッパクルーズ(地中海、カナリア諸島、北ヨーロッパ)、アンティル諸島(西インド諸島)、アラビア方面への8泊未満の場合は、 7ユーロ x 日数分。(14歳以上は、一人当たり 3.5ユーロ / 日)

これらの行き先で、9泊以上の場合は、一人当たり 6ユーロ / 日。(14歳以上は、一人当たり 3ユーロ / 日)


南アフリカとそこから北方向の場合は、一人当たり $6 x 日数分。(3歳からは、一人当たり $3 / 日)
南アフリカから南行きクルーズは、 6ユーロ x 日数分。(14歳からは、一人当たり 3ユーロ / 日)


南アメリカとそこから東方面の場合は、一人当たり $9 x 日数分。(3歳からは、一人当たり $4.5 / 日)
南アメリカから西行きクルーズは、 6ユーロ x 日数分。(14歳からは、一人当たり 3ユーロ / 日)

その他の方法:
基本的には、上記の金額を変更することは出来ないが、金額追加やサービスに満足がいかなかった場合は、ゲスト・リレーションズ・マネージャーと交渉の上、オンボード・アカウントの調整を行うことが出来る。

追加料金:
船内の全てのバーでは、オーダーの15%が自動的にチップとして請求される。
スパでのチップは、上記に含まれていない為、担当スタッフに直接支払う。

ノルウェージャン・クルーズライン / Norwegian Cruise Line

支払い方法:
一人当たり $13.50 x 日数分 が自動的に請求される。
(スイートルームは、一人当たり $15.50 / 日)
3歳以下は不要。

その他の方法:
金額追加やチップ料の変更を申し入れる場合などは、オンボード・レセプション・デスクに連絡する事。

追加料金:
船内の全てのバー、特別レストランとエンターテイメント・ダイニング、スパでのサービスは、オーダーの18%が自動的にチップとして請求される。
また、コンシエルジュや執事からのサービスを受けた場合は、直接チップを支払う。

P&Oクルーズ・オーストラリア / P&O Cruises Australia

支払い方法:
乗客のアカウントから自動的にチップが支払われるシステムは無い。
乗客は、際立って良いサービスを受けたスタッフを自由に選び、彼らにチップを支払う事が可能。
旅行者は、感謝の言葉と共に現金を直接スタッフに渡すことが出来る。

その他の方法:
現金を持ち歩きたくない場合は、オンボード・アカウントからチップを支払う事も可能である。

追加料金:
なし

P&Oクルーズ・イギリス / P&O Cruises U.K.

支払い方法:
一人当たり £3.95 x 日数分。
(12歳以上から適用)

その他の方法:
金額追加やチップ料の変更を申し入れる場合などは、レセプションにて可能。

追加料金:
なし

プリンセス・クルーズ / Princess Cruises

支払い方法:
一人当たり $12.95 x 日数分 が自動的に乗客のアカウントから支払われる。
(スイートとミニスイート・ルームは、一人当たり $13.95 / 日)
チップは、大人と子供の両方に適用される。
これらの金額は、クルーズ出発から6日前までに前払いが必要。

その他の方法:
金額追加やチップ料の変更を申し入れる場合などは、パーサーズ・オフィスで受け付ける。

追加料金:
船内の全てのバーでのオーダーから15%が自動的にチップとして請求される。
カジノとスパのスタッフへは、これらの自動チップの支払いが割り当てられていない。

ロイヤル・カリビアン / Royal Caribbean International

支払い方法:
一人当たり $12.95 x 日数分 が自動的に乗客のオンボード・ビルから支払われる。
(スイートルームは、一人当たり $15.95 / 日)
"My Time Dining" を選択している乗客は、事前にチップを払う必要がある。
チップは、大人と子供の両方に適用される。

その他の方法:
サービスに不満があった場合は、船内にてチップ料の変更を申し入れることが出来る。

追加料金:
船内の全てのバーでのオーダーから15%が自動的にチップとして請求される。
ミニバーや、サロンとスパでのサービスにもこれらのチップが含まれる。

サガクルーズ / Saga Cruises

チップの決まりは無く、一切追加料金は掛からない。

トムソン・クルーズ / Thomson Cruises

チップの決まりは無く、一切追加料金は掛からない。

アザマラ・クラブ・クルーズ / Azamara Club Cruises

支払い方法:
チップは、クルーズ料金に含まれている為必要ないが、追加でのチップは乗客の判断に任せている。

その他の方法:
いつでも、現金でチップを支払う事が出来る。

追加料金:
スパの利用はチップ料が含まれていない為、18%がチップとして請求される。

クリスタル・クルーズ / Crystal Cruises

支払い方法:
基本チップは、クルーズ料金に含まれている。

その他の方法:
義務ではないが、追加のチップは歓迎。

追加料金:
サロンやスパの利用はチップ料が含まれていない為、18%が自動的にチップとして請求される。

ハパグロイド・クルーズ / Hapag-Lloyd Cruises

支払い方法:
基本チップは、クルーズ料金に含まれている。

その他の方法:
義務ではないが、追加のチップは歓迎。

追加料金:
なし

オーシャニア・クルーズ / Oceania Cruises

支払い方法:
一人当たり $15 x 日数分 が自動的にシップボード・アカウントから支払われる。
(ペントハウス、オーシャニア、ビスタ、オーナーズ・スイートルームは、一人当たり $22 / 日)
チップは、大人と子供の両方に適用される。

その他の方法:
金額追加やチップ料の変更を申し入れることが出来る。

追加料金:
船内の全てのバーやスパ、特別レストランLa Reserveでは、オーダーの18%が自動的にチップとして請求される。

リージェント・セブン・シーズ・クルーズ / Regent Seven Seas Cruises

支払い方法:
基本チップは、クルーズ料金に含まれている。

その他の方法:
追加のチップを支払う場合は、パーサーズ・オフィスにて 「Crew Welfare基金」 として、寄付することが可能。

追加料金:
なし

シーボーン・クルーズライン / Seabourn Cruise Line

支払い方法:
基本チップは、クルーズ料金に含まれている。

その他の方法:
追加のチップは想定していない。

追加料金:
なし

シードリーム・ヨット・クラブ / SeaDream Yacht Club

支払い方法:
基本チップは、クルーズ料金に含まれている。

その他の方法:
追加のチップは想定していない。

追加料金:
なし

シルバーシー・クルーズ / Silversea Cruises

支払い方法:
基本チップは、クルーズ料金に含まれている。

その他の方法:
追加のチップは想定していない。

追加料金:
スパでのサービスには、チップが含まれていない。

ウインドスター・クルーズ / Windstar Cruises

支払い方法:
一人当たり $12 x 日数分 が自動的に請求される。
チップは、大人と子供の両方に適用される。

その他の方法:

良いサービスを受けたスタッフに直接、追加でチップを支払う事が可能。
また、チップの自動請求に対して金額追加やチップ料の変更を申し入れることも出来る。

追加料金:
船内の全てのバーでは、オーダーの15%が自動的にチップとして請求される。

まとめ:

多くのクルーズ会社では、$12 ~ $15のチップが必要の様ですね。

注意が必要なのは、サロンやスパでのサービスにはチップが含まれていない場合が多く、スタッフに直接チップを支払う必要があるという事。
ルームサービスをお願いした時も、受け取りの際に支払うのが一般的の様です。

ラグジュアリークラスの船では、基本のチップが含まれている様ですが、多くの船会社と同様、スパの利用や特別なサービスを受けた際にスタッフへ直接支払うのが基本との事です。

チップを支払う事に慣れていない日本人としては、金額や手渡すタイミングがなかなか難しいですが、感謝の気持ち を伝える為にも、ぜひ上手に活用したいものですね。

注目記事

クルーズへ行くなら、いつがおすすめ?エリア別のベストシーズン・ガイド

クルーズ旅行を計画し始める際、まずは行き先のベストシーズンを確認したいものです。 ベストシーズン  とは、 エリア毎の一番良い季節  をさしますが、その時期は目的により好みが分かれます。 例えば、アラスカクルーズの場合: 寄港地での観光を楽しめるのは夏ですが、オー...