ページ

2016/08/29

クルーズを健康的に過ごす為のアドバイス

クルーズ中に太らない為 には、

1. 食事の量・質に気をつける
2. アクティブに体を動かす

というのが、基本です。

※ 更に詳しい内容は、こちらの記事(クルーズ旅行中に太らない方法)をどうぞ

今回の記事では、いくつかのクルーズ会社の特徴を基に、クルーズ旅行を健康的に過ごす方法をまとめています。

せっかくの休暇だから ダイエットの事は忘れて、おもいっきりホリデーを楽しみたい! 
というのもクルーズの楽しみ方の一つですが、今後は “ヘルシーにクルーズ旅行をする” という旅の形も、クルーズ旅行の新しいトレンド(流行)になってくるのではないでしょか。

現に欧米では、高所得者やセレブリティー層には、健康志向の人たちが多い傾向にあります。
健康的な生活 = トレンディー というイメージが根付いているのが、昨今の欧米社会でもあります。

その証拠に、今回のクルーズ会社の例でヘルシー料理に力を入れているのは、ラグジュアリークラスの船会社ばかり。

それは、高価なクルーズ料金を払う客層の方が健康志向の乗客が多い、という現れでもあります。

この記事を参考に、皆さんも次回のクルーズでは ヘルシーな旅 を実行してみては如何でしょうか。

今回参考にした、英語の元記事はこちら
http://www.cruisecritic.com/articles.cfm?ID=581

クルーズの旅を、ヘルシーに過ごす方法

1. レストランで、ヘルシーなメニューを選ぶ

ヴェジタリアン、ヴィーガン、低脂肪、グルテンフリー、無糖などのメニューが船上のレストランで提供される事が多くなった。

昨今のクルーズ会社の傾向は、ヘルシーメニューに力を入れている事である。

いくつかのクルーズ会社では、それらのメニューだけを集めた 特別なメニュー表が用意されているほど、ヘルシー志向の料理数が多い。
それ以外の船会社では、メニュー項目にヘルシーメニューのマークが書かれており、料理を選ぶ際に分かりやすくなっている。

どちらにしても、以前と比較するとメニューもバラエティーに富んでおり選びやすくなった。

またどの船会社でも、通常の料理を注文する際に、カロリーの高い濃厚なソース付け合せを無くす ようにウエイターに注文する事が出来る。

シーボーンやシルバーシーでは、事前に自分の料理の嗜好をリクエストしておく事が出来る。
さすがラグジュアリークラスの船会社だけあり、きめ細かなサービスである。

2. ヘルシーメニューに特化したレストランがあるかの確認

セレブリティー・クルーズのSolstice-classでは、スパに隣接したプールデッキに “スパ・カフェ” (Spa Café) を用意。
そこでは、皆が追加料金無しでヘルシーな朝食とランチを食べる事が出来る。
更に、ヨーグルトパフェなどの追加料金メニューも用意されているのは嬉しい。

セレブリティーでは他にも、ヘルシーメニューに特化したレストラン Blu restaurant  がある。
このレストランは、アクア・クラス (Aqua Class) 客室専用レストランで、朝・昼・晩ヘルシーな食事をとる事が出来る。
特にここでの朝食のシリアル、ナッツ、ドライフルーツはお勧め。

コスタ・クルーズでは、サムサラ・レストラン(Samsara restaurant)でスパメニューを提供している。
もしも、スパプラン(spa plan)でクルーズに参加している場合は、ここでの朝・昼・晩のヘルシーな食事が無料である。
一般客は、夜のみ利用が可能で、追加料金が必要である。

3. ジュースバーも要チェック

ロイヤル・カリビアンの Quantum-class の全ての船ではジュースバーがあり、緑系野菜や柑橘系などの種類豊富なジュースを飲む事が出来る。
ノルウェージャンのいくつかの船のジュースバーは Barong Juice Bar という名前で、ジュースとスムージーを提供する。 
MSCの新型クルーズ船には、スパの中にジュースバーがあり、野菜ジュースや、フルーツジュースを提供。

4. スパやジムを利用

船上でのジムとスパのスペースは、ここ数年で益々広くなっている。
言い換えれば、それだけ需要があるという事だ。

カーニバルとノルウェージャンの新型のクルーズ船では、今までに無いジムのスペースを設けている。
セレブリティーでは、スパリゾート会社のCanyon Ranchと提携を結び、広いスペースのスパを展開。

※ Canyon Ranchとは、スパやフィットネスを中心とした健康的なリゾートを展開するアメリカの会社で、船上では キュナードのQueen Mary 2、リージェント・セブン・シーズ、オーシャニアなどで、スパを展開している。

クリスタル・クルーズでのフィットネスは、更に種類が豊富である。
特にお勧めなのは、アウトドアスペースに作られた “フィットネス・ガーデン” 
そのスペースは、3階(3デッキ)にかけて設けられ、海上でも思う存分体を動かす事が出来る。
他にも、幅広く個人のフィットネスレベルに対応できる様、多様な設備が用意されている。
カーニバルの最新船でも、アウトドア型のフィットネス設備が用意されている。

これらの様に、最新型のクルーズ船では、船上でフィットネスが出来るような点が1つの売りにもなっている。

5. アトラクションで楽しみながら体を動かす

昨今では、楽しみながら健康的に体を動かす方法が人気である。
ノルウェージャンやロイヤル・カリビアンでは、室内でのフィットネスバイク(Flywheel indoor cycling) のクラスを受けることが出来る。

MSCクルーズのMSC Divina では、アクア・サイクリングという名の、水の中でのレッスン体験ができるアトラクションも人気がある。
Norwegian Breakaway では、black-light spinning classes というアトラクションでアクティブに楽しむ事が出来る。
ロイヤル・カリビアンでの、波乗り体験アトラクション(surf simulator)や、壁登り型のロッククライミングでは、フィットネスと楽しさを同時に体験する事が出来る。

6. 寄港地でもアクティブ(行動的)に

日の出と共にヨガをしたり、朝に島の周りを5キロマラソンしたりするのが、意外にも人気がある。
クリスタル・クルーズでは、“ランニング・アドベンチャー” なる寄港地ツアーがある。
それらでは、5キロや10キロの距離を走りながら歴史名所や自然公園などを回ることが出来る。
また、殆どのクルーズ会社では、バイクでのツアーや、カヤックやカヌーのようなマリンスポーツで体を動かす体験も多い。
更に、いくつかのリバークルーズでは、自転車を持ち込んで、寄港地でのサイクリングツアーを提供する会社もある。

7. スパで、鍼療法やマッサージでのんびり・リラックス

今時のスパは、健康に重点を置いたトリートメントが流行りである。
クリスタル・クルーズ、カーニバルを含め、その他の多くのクルーズ会社では、鍼療法や身体をリラックスさせる全身マッサージなどを受ける事が出来る。
キュナードやコスタでは、タラソセラピー(海洋療法)のプールで、新陳代謝を改善し、筋肉のコリをほぐしたり、関節の痛みを和らげてくれる。

まとめ:

ヘルシーメニューに関しては、ラグジュアリークラスのクルーズ会社の方が、種類も多く、味や見た目に気を遣った料理が揃っている傾向がある。

その他の会社でも、ヴェジタリアンメニューなどに関しては豊富にある為、どのクラスのクルーズでも料理の選択に気をつけることで、健康的な船上での食生活を送る事ができそう。

個人的にいつか試してみたいのは、セレブリティー・クルーズのアクア・クラス客室専用レストランBlu restaurant.

こちらのアクア・クラス客室は上層階に位置するため、船酔いが心配な私には向いていない客室の場所ですが、その他のクラス客室(内側、外側、バルコニーなど)でも追加料金を支払う事でBlu restaurant にて食事が可能の様子。

また、プールサイドやビーチで、のんびり過ごすのも良いですが、船上でのアトラクションを楽しんだり、寄港地でアクティブに行動するのも良さそうですね。

私も次回のクルーズでは、 アクティブ ・ ヘルシー をテーマに、旅行計画してみたいと思います。

注目記事

クルーズへ行くなら、いつがおすすめ?エリア別のベストシーズン・ガイド

クルーズ旅行を計画し始める際、まずは行き先のベストシーズンを確認したいものです。 ベストシーズン  とは、 エリア毎の一番良い季節  をさしますが、その時期は目的により好みが分かれます。 例えば、アラスカクルーズの場合: 寄港地での観光を楽しめるのは夏ですが、オー...