ページ

2016/07/16

ノルウェークルーズ:6日目(スタヴァンゲル・Stavanger)その1

今日は、最終停泊地のスタヴァンゲル(Stavanger)です。

朝早くに目が覚めたので、客室のバルコニーから日の出を見ることが出来ました。

この旅で初めて見た朝日にうっとり。



スタヴァンゲルからは、プレーケストーレンという岩山の頂上へ行きたかったのですが、事前に調べたところフェリーやバスを乗り継いだ後に4時間のハイキング、合計で6時間以上掛かるという事なので今回は断念する事に。

大抵のクルーズでは1つの寄港地に停泊時間がそれ程長くない為、1日かけての遠出が出来ないのが残念です。

因みにプレーケストーレンとはこんな所。

Photo by Leo-setä


足腰が弱くなってハイキングが出来なくなる前に、一度は行ってみたい場所です。
さて、という事で最終日の今日は、ゆっくりとスタヴァンゲルの町観光という事にしました。
船から出てみると、港にはディズニークルーズの「ディズニー・マジック」が停泊していました。


グーフィーが「Disney Magic」とペイントしていて可愛い。



港の目の前は大きな広場になっていて、マーケットが開いていました。

マーケットを抜けると、不規則な石の外壁が何とも可愛い小さな教会を発見。


教会前の整備された花壇たち。



町はそれ程大きくも無く、この写真は商店通りですが人が少なく歩き易いです。



スタヴァンゲルと書かれたマンホールの蓋、1866年製!?



旧市街は港のスグ横にあり、観光客の団体ツアーの方達をいくつか見かけました。

民家の外壁は白で統一され、どのお宅も窓や玄関には花が飾られてとってもオシャレ。


旧市街の通りを一つ外れるだけで、そこはもうアスファルト道路の普通の住宅地。

住宅はどれもすっきりした形で、色も白に統一されて清潔なノルウェーのイメージにピッタリ。



スタヴァンゲルの町は、1~2時間もあればゆっくり観光や町歩きができる広さでした。

お腹も空いたので、ランチの為に船へ戻る事に。

次回は、出港パーティーと最終日の様子をお届けします。

注目記事

クルーズへ行くなら、いつがおすすめ?エリア別のベストシーズン・ガイド

クルーズ旅行を計画し始める際、まずは行き先のベストシーズンを確認したいものです。 ベストシーズン  とは、 エリア毎の一番良い季節  をさしますが、その時期は目的により好みが分かれます。 例えば、アラスカクルーズの場合: 寄港地での観光を楽しめるのは夏ですが、オー...