ページ

2016/07/04

ノルウェークルーズ:2日目(航海日)

2日目は丸1日航海でした。

多くの船が、航海日にはフォーマルデーを設定している様です。勿論ブリタニアも1回目のフォーマルデーでした。

朝食は毎日最上階にあるビュッフェ(Horizon Buffet Restaurant)を利用。

Photo by pocruises.com

料理が置かれている場所も4箇所ほどあり、込み合った時間帯でも少し探せば空席を簡単に見つける事が出来ました。

Photo by pocruises.com

クルーズ中、ほぼ毎回窓側の席で景色を見ながらゆっくり朝食を楽しみました。

朝食後は、屋上テラスでのんびり日向ぼっこ。

Photo by pocruises.com

あちらこちらにソファーやリクライニングチェアがあり、ランチもすぐ近くでピザやフライドポテトなどを貰えるので、ほぼ一日中このテラスで過ごしました。

(正直、他に何をしたのか覚えていません・・・次回のクルーズではメモをしっかり取らなければ)

Photo by pocruises.com

ランチ後、少しテラスでのんびりした後は、船内の免税店やカジノを見学。

クルーズ計画中はスロットで遊ぶ気満々でしたが、やり方がイマイチわからないのと、スロットマシーンを見ていると船酔いしてしまい、クルーズ中一度もカジノにはお世話になりませんでした。

夕方からは、ロビーで何やらパーティーのようなものがあるとの事で、3時頃には客室に戻りフォーマルーパーティー用の衣装にお着替え。

客室のある各階にはランドリー室が数ヶ所あり、洗濯機と乾燥機の他にアイロンとアイロン台が無料で使えました。

フォーマル衣装をアイロンがけするのにとても便利でした。

パーティーの時間より少し前にロビーへ繰り出しソファーを確保。

既にロビーには人が続々と。


皆さんオシャレに装い、男性も女性も黒系が多かったです。

パーティーでは、シャンパンなど飲物を振舞っている程度でカナッペなどの食べ物は見当たりませんでした。(もしかしたらあったのかも知れませんが、私達の近くには無かった)

船長などの紹介があり何かの説明をした後、パーティーはあっと言う間にお開きに。

想像よりもシンプルなので拍子抜け。

その後は、レストランが混みあう前に!という事で急いでレストランの入り口へ。

今回は昨日と違う、ペニンシュラレストランへ。

Photo by pocruises.com

今日も、前菜からデザートまで美味しく頂きました。




それぞれの料理の名前は覚えておらず・・・

クルーズ最終日にレストランで「航海中にレストランで出された全メニュー表」を貰ったのですが、先日の大掃除の時に資料を全て処分してしまったのです。

(その時点では、まさかクルーズブログを書くとは思っていなかった為・・・次回のクルーズからは、しっかり資料は残しておこうと思います)

食事の後は、シアターで行われる歌のショーを見に。

イギリスの歌のオーディション番組で数年前に優勝した女性歌手のショーでした。

優勝するだけの事はある、とっても迫力ある歌声でした。

そんな感じで一日があっと言う間に終了。

丸1日の航海だと暇かな?と思っていたのですが、何かとやる事が盛り沢山で飽きませんでした。

2日目にして船の施設にもすっかり慣れた感じです。

明日はいよいよ寄港日、ベルゲン(Bergen)に停泊です。

注目記事

クルーズへ行くなら、いつがおすすめ?エリア別のベストシーズン・ガイド

クルーズ旅行を計画し始める際、まずは行き先のベストシーズンを確認したいものです。 ベストシーズン  とは、 エリア毎の一番良い季節  をさしますが、その時期は目的により好みが分かれます。 例えば、アラスカクルーズの場合: 寄港地での観光を楽しめるのは夏ですが、オー...