ページ

2016/07/15

ノルウェークルーズ:5日目(ソグネフィヨルド・Sognefjord)&(フロム・Flam)その3

昨日の続きで、フロム港の周りをもう少し散策してみる事に。

港は切立った険しい山に囲まれており、大小の滝があちらこちらに見られます。


港の目の前にはフロム鉄道の駅があります。

写真はチケット売り場。


この駅からミュールダール(Myrdal)まで約1時間かけて行き、そこからベルゲン鉄道に乗り換え約2時間10分でベルゲンまで行けるのだそう。

「フロム鉄道で山の上まで行き、そこから自転車で山道を下る」というオプションツアーに私達は参加したかったのですが、数日前に船の中で予約をお願いした時点で既に定員が一杯になっていました。

クルーズ旅行が始まる前からの予約は可能でしたが、何せ自転車で下山するからには天気が心配。という事でギリギリまで様子を見ていたのです。

この自転車下山ツアーは唯一「参加したい!!」と思える程の楽しそうな企画だったので、その様なツアーがある場合は事前予約をするべきだと勉強になりました。

フロム駅の前には、お土産物屋とフロム鉄道博物館が。


このあたりにはお土産物屋さんがいくつかあり、食品が売られている小さなスーパーもありました。


ホテルのスグ裏には山が迫っていて、フロム独特の入り江の風景が迫力一杯。


これら鉄道駅やお土産物屋があるフロム港の広場すぐ目の前には小高い丘になっており、少し上までハイキングしてみる事に。



観光用のトロッコ列車が見えます。


登り始めてから30分程で、アウルランフィヨルドを眺望できる場所へ到着。


その後は別ルートから丘を下り、その足で船まで戻りました。

程なくしてからブリタニアはフロムを出港。
この風景は船からフロム港を振り返ったところ。港に停まるクルーズ船が見えます。


船はソグネフィヨルドを抜けていきます。


天気が良く日差しが強くなってきたので、日向と日陰のコントラストが綺麗。


実際はもっと壮大な風景なのですが、写真ではなかなか全てが伝わらず残念です・・・

山間に村がポツリポツリと出現したりするのがノルウェーフィヨルドらしい風景ですね。

遠くの雪山と初夏の緑のコントラストが美しく、この風景はこの時期だからこそ。


今回のクルーズ旅では、このソグネフィヨルドが最後のフィヨルド。

しばらくの間、テラスのソファーに座りカクテルをいただきながら、船が山間を通り抜けて行く景色を楽しみました。

注目記事

クルーズへ行くなら、いつがおすすめ?エリア別のベストシーズン・ガイド

クルーズ旅行を計画し始める際、まずは行き先のベストシーズンを確認したいものです。 ベストシーズン  とは、 エリア毎の一番良い季節  をさしますが、その時期は目的により好みが分かれます。 例えば、アラスカクルーズの場合: 寄港地での観光を楽しめるのは夏ですが、オー...