ページ

2016/07/03

ノルウェークルーズ:1日目(サウサンプトン港から出航)

私達が乗るBRITANNIA(以下ブリタニア)は、オーシャン・クルーズ・ターミナル(Ocean Cruise Terminal)からの出航という事。

自宅からサウサンプトン中央駅までは電車で行き、その後クルーズターミナルまではタクシーで向かいました。タクシー所要時間は20分程度でした。

ターミナル目の前にはとても広いスペースの駐車場があり、すでに多くの車が停めてありました。意外に多くの方がターミナルまで車で来ている様子。

ターミナル到着後、タクシーから降りると船へ荷物を積む係りの方達が多く居て、スーツケースに付けられたタグに書かれた番号毎に積み込んでくれました。

スーツケースとリュックサックはそこで預けました。

身軽になったので、ターミナル周辺を少し散歩し遠目からブリタニアをパチリ。


その後ターミナルへ戻り、入り口目の前のエスカレーターで2階へ。

2階の出発ロビーには既に沢山のお客さんで一杯。

エスカレーターを降りてスグのところで、受付をする為の番号札を渡され、ロビーの椅子で待つ事に。

私達の集合は15:30でしたが、それから1時間程でようやく番号が呼ばれカウンターに向かいました。

チェックインカウンターでは、パスポートを預け、顔写真を撮り、クルーズカードを受け取り、全ての手続きはスムーズに終了。

その後は空港と同じ様なセキュリティーチェックを受け、晴れてブリタニアの中へ!

船へ乗り込んだのが既に夕方という事もあり、客室についてからスグに避難訓練があり、指定のレストランへ向かいました。

ブリタニアは2015年春に就航したばかりの船、客室はとても綺麗でした。

洗面室は、ホテルのシンク台とシャワーという感じ。

広さは期待していなかったので、特に不便は感じませんでした。


私は船酔いが心配だった為、客室の位置は船の真中辺りにし、空気の入れ替えが出来る様にバルコニー付きのお部屋を予約しました。

旅先がノルウェーという事もあってか、バルコニーへは数回しか出ませんでしたので、次回はバルコニー無しのお部屋でも良いかも。

部屋で少し落ち着いた後は、早速最上階のデッキへ。この頃は未だ人が少ないです。


屋上のデッキで景色を眺めていたら出航し出しました。

この日は、たまたまヨットのレースがあった様で、沢山のヨットを見る事が出来ました。


その後、スパエリアなどに入ったりして、屋上デッキを散策。

スパエリアの雰囲気はこんな感じ

Photo by pocruises.com

後で気が付いたのですが、スパエリアへ入るのは普段は有料の為、出航日には特別開放していた様でした。

クルーズから帰ってきてP&Oクルーズのウェブサイトを見て気が付いたのですが、スパエリアでもランチやアフタヌーンティーが出来る様で、レストランやビュッフェとは違ったオシャレなメニューの様子でした。

これだったら、追加料金を払ってでもスパエリアを利用すれば良かったなぁと今更ながら思うのでした。

船内を少し散策したり、デッキに戻って景色を眺めていたらあっと言う間に夕食の時間に。

ブリタニアの場合、レストランでの食事時間の設定は、3種類ありました。
Oriental Restaurantで、「6:30pm~」もしくは、「8:30pm~」という2回制の固定テーブル席パターン。

もう一つは「Freedom Dining」というシステムで、Meridian RestaurantかPeninsular Restaurantをその時の気分で選べて、6:00pm~9:30pmのいつでも自由に行けるというシステム。

私達は、いつでも行ける「Freedom Dining」で予約してありました。

初日の夕食はメリディアンレストランへ行ったのですが、時間設定の事はすっかり忘れており9:30ギリギリに入店してしまいました。

それでも、担当のウェイターさんが快く席に通してくれました。

初めてで緊張したせいもあり、料理の写真がありません、残念・・・

メリディアンレストランの雰囲気はこんな感じ

Photo by pocruises.com

ウェイターさんの愛想も良く、料理も美味しかった~。

ドキドキ ワクワクの初クルーズ1日目が無事終了。

明日は、航海日です。

注目記事

クルーズへ行くなら、いつがおすすめ?エリア別のベストシーズン・ガイド

クルーズ旅行を計画し始める際、まずは行き先のベストシーズンを確認したいものです。 ベストシーズン  とは、 エリア毎の一番良い季節  をさしますが、その時期は目的により好みが分かれます。 例えば、アラスカクルーズの場合: 寄港地での観光を楽しめるのは夏ですが、オー...