ページ

2016/07/06

ノルウェークルーズ:3日目(ベルゲン・Bergen)その1

3日目はいよいよ第一の寄港地、ベルゲン(Bergen)に停泊です。

私達の船・ブリタニアは、ベルゲンの中心街から少し離れた港に着きました。

雨は降っていないものの少し霧がかかっていた為、ゆっくりめの朝食をとり、下船で込み合わない時間帯を見計りながらノルウェーへ初上陸!

街への送迎バスはそれ程込んでおらず、程なくしてバスへ乗り込む事が出来ました。

送迎バスは、15分ほどかけて中心街にある湖へ到着。


霧っぽいですが雨は降っておらず、マズマズの天気。


湖からは、徒歩で魚市場があるヴォーゲン湾 (Vagen) へ向かいました。

湖の目の前にある東屋。周りの花壇もよく整備がされていて北欧はやっぱりクリーンなイメージです。


少し歩くと何やら小池の上にバイオリン弾きの銅像が。


オーレ・ブル(Ole Borneman Bull)という方の様です。


この時点では存じ上げなかったのですが、後日調べた結果「ノルウェーのヴァイオリニストならびに作曲家」という事が判明。

数名の観光客がお写真をとっていました。(私もいっしょにパチリ)

その後は、今後の数日間で必要となるノルウェー・クローネを入手したく、近くに銀行のATMが無いか探してみる事に。

魚市場へ向かう途中には歩行者天国の大通りがあり、その脇に銀行を発見。

無事ノルウェー・クローネを入手。

その大通りには大きな洋服屋さんなどがあり、ちょっと店内を物色。

寒さを凌ぐ為の冬用ジャケットが欲しかったのですが、7月なのですっかり店内は夏仕様でした。

私達からすれば涼しい気候でも、ノルウェーの方々にはTシャツでも良いくらいの夏真っ盛りの気候なのかも知れません。

歩行者天国を抜けた車道には、機関車風の観光トロッコが。


更に進むと、ヴォーゲン湾に到着。

港に面した場所に建てられたカラフルな木造家屋群「ブリッゲン」(Bryggen)が見えてきました。


港の魚市場には新鮮な魚が一杯。



露店ではシーフードサラダなども売っていて、今思い返せばあの時試しに買って食べてみればよかったかも。

漁師のお兄さん達 ノルウェー人でしょうか?目の保養・・・


カラフルな木造家屋群「ブリッゲン」の目の前まで歩き記念写真。


この木造家屋群は、1979年に世界遺産に認定されたとの事です。

港の反対側もパシャリ。


港を後にし、フロイエン山(Floyen)の山頂へ向かう為のケーブルカー乗り場まで徒歩で。

事前にケーブルカーの発着所を調べており、何となくの方向を歩いていたら乗り場に到着。

乗り場はかなり分かり易い場所にあり迷いませんでした。

さらに、観光客が多いもののチケット売り場もそれ程の行列ではなく、ケーブルカーにはすんなり乗り込む事が出来ました。



次回へ続く・・・

注目記事

クルーズへ行くなら、いつがおすすめ?エリア別のベストシーズン・ガイド

クルーズ旅行を計画し始める際、まずは行き先のベストシーズンを確認したいものです。 ベストシーズン  とは、 エリア毎の一番良い季節  をさしますが、その時期は目的により好みが分かれます。 例えば、アラスカクルーズの場合: 寄港地での観光を楽しめるのは夏ですが、オー...